居着き

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

居着き(いつき)

同じ種の魚でも回遊しているタイプと一つの場所にとどまるタイプとに分かれることがある。

その中でも、一つの場所にとどまっているタイプの魚を指す。

一般的に居つきの魚は警戒心が強く、なかなかエサを食ってこない傾向があるため釣り人の腕が左右すると言われる。

そのため居着きの魚を釣り上げた人は喜ぶ人が多い。

また、居着きの魚は体が黒ずんで色が濃くなっているものが多い。

例としてクロダイなどは居着きと回遊型では色合いが異なることが多い。