内掛け結び

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

内掛け結び 

動画でわかりやすく解説

内掛け結びを使用する状況は?

ハリスハリに結ぶ際に使用する結び方です。

いろんな釣りの基本となる結び方で、エサ釣りはもちろん、鯛ラバやルアーのアシストフック等にも使用するので覚えておくと様々な場面で活躍します。

外掛け結びと比べて多少難易度が高いですが、大差はなく、強度は外掛けよりも優れる結び方です。

結び方をイラストで解説

画像:内掛け結び1.JPG
20cmくらいのラインの端で図のようにループを作ります。

画像:内掛け結び2.JPG
図のように出来たループの中にラインの端を通して軸に巻き付けます。

画像:内掛け結び3.JPG
5~7回ほど巻き付けていきます。

画像:内掛け結び4.JPG
最後に軸となるラインとラインの端をしっかりと締め込んで、余分なラインをカットして完成です。

ハリへの結びにおいてハリスは絶対的に軸の内側になるようにしましょう。

ハリスが外側にある場合だとフッキング(針掛かり)がしづらく、チモトの出っ張りでハリスが傷つき、ラインブレイクの恐れがあります。