ワーム

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ワーム(わーむ)

ソフトルアーの一種で、ゴムでできた擬似餌の一種。

ミミズイソメ類、小魚のような形状をしており、長さや色なども様々。

ターゲットの魚やそのときの状況に合わせて使い分ける。

ハードルアーに比べて釣れやすいと言われ、補う形で使用されることが多い。

ワームにはいくつか種類があります。


ストレートワーム・・・一番汎用性の高いワームのひとつです。ミミズをイメージしたルアー。


グラブ・・・万能タイプで、イモムシのような形をイメージしたボディーのルアー。


チューブワーム・・・中空構造になっていて、浮力が高く、さらにはイカの足のようなテールがついており、小さなイカやタコをイメージしたルアー。


カーリーテール・・・テールが三日月状になっているのが特徴的なルアー。ノーシンカーやダウンショットでよく使うワームでテール部分が水中でヒラヒラすることで魚に強烈なアピールをする。


カットテール・・・カーリーテールのテール部分をカットした形状のルアー。 カーリーテール同様の使い方が多い。


パドルテール・・・葦などを攻めるときに使うことが多く、ボディーに平らな大きなテールが付いている。


クローワーム・・・ザリガニをイメージしたボディのルアー。


リザード・・・イモリなどの両生類をイメージしたボディのルアー。


ピンテール・・・ハゼなどの魚をイメージしたボディのルアーで”ジグヘッドリグ” などに使われることが多い。


シャッドテール・・・パドルテールをシンプルにしたようなイメージのルアーで、ダウンショットやノーシンカーなどによく使われることが多い。



画像:擬似エサ01.gif   画像:擬似エサ02.gif   画像:擬似エサ03.gif