ポンピング

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ポンピング(ぽんぴんぐ)

良型や大物などが掛かった際に、竿を立てながら

タイミングよくリーリングを行って少しずつ魚を手前に寄せていくこと。

大物の場合は、一気に巻き上げようとすると、ラインブレイクを起こしてしまう恐れがあるため

ポンピングする。

①魚が掛かったら、竿を立てる。

②余分なラインを素早く巻き取ってラインを張りながら、ヒキを竿でためる。

③竿を立てて、余分なラインを巻き取る。

の繰り返しをいう。

※必要以上に竿を立てて、リーリングを行ったりすると魚が暴れた時に折れてしまうこともあるため注意が必要。