ダブルクリンチノット

出典: 釣り好きのための釣り百科事典 GyonetWiki

ダブルクリンチノット 

動画でわかりやすく解説

ダブルクリンチノットを使用する状況は?

サルカンやスナップ、ルアーのアイ等の金具とラインを結ぶ方法の一種です。

強くて結び目も小さい上に、非常に応用範囲が広く、慣れると簡単な結び方です。

強度もあるのでルアーフィッシングでも餌釣りでも使用者の多いノットの一つです。


結び方をイラストで解説

画像:ダブルクリンチノット1.JPG
ラインを2回金具の輪に通して、ループを作ります。

画像:ダブルクリンチノット2.JPG
先端のラインを5~6回ほど軸のラインに巻きつけます。

画像:ダブルクリンチノット3.JPG
①で作った輪の中に、巻きつけたラインの先端を通します。

画像:ダブルクリンチノット4.JPG
さらに➂で出来た輪の中にラインを通します。

画像:ダブルクリンチノット5.JPG
軸になるラインとラインの先端部分を、巻きつけが崩れたり緩んだりしないように同時に締め込んでいきます。

画像:ダブルクリンチノット6.JPG
余分なラインの端を切ります。

画像:ダブルクリンチノット7.JPG
結び目が崩れてたり緩んでいないか確認し完成です。


※締めこむ際は摩擦熱による強度の低下を防ぐため、結び目を湿らせてゆっくりと締め込むよう気をつけましょう。